利用することで確かな効果がすぐに得られる

さまざまな施術方法

植毛のこれまでについて

植毛とは、人工毛または自分自身の毛髪を頭髪の薄くなった部分に移植する事です。自分自身の毛髪を移植する際には、側頭部や後頭部から採取した毛髪を使用することが一般的です。 その歴史は古く、1930年代にはすでに行われていたと言う記録があると言われているものです。脱毛症の治療として最初期に行われていた植毛というのが、皮膚片を移植する事によるものです。身体に大きな負担が掛かる施術であるため、行われた件数としてはかなり少ないものです。 その後1970年代を境に本格化した手法が、人工毛を移植するものです。現在では行われ始めた当初よりも材質の改良が進んでおり、現在でも行われる手法の一つです。 そしてさらに近年特に行われているのが、自毛植毛と呼ばれるものです。

今後の展望等について

近年良く行われるようになった自毛植毛ですが、研究自体は1930年頃から行われてきたものなのです。日本人の研究者などによって研究が行われ、戦争によって一時中断となっていたものの後になって表に出るようになったのです。その研究がアメリカの研究者によって治療法として発展したのが、1959年の事です。治療法として実際に確立したのが1970年代頃で、更に研究が進む事で安全性などが確立されるようになったのは1990年代になっての事なのです。従来は十数本まとめて移植していたものも現在では一本ずつの移植が可能となり、より自然さを出せるようになったものです。 また近年発見された万能細胞であるips細胞を用いた薄毛治療に関する研究が現在行われているところです。今後実現されれば、薄毛治療の幅が広がるなど期待されているのです。